蕎上人(そばしょうにん) (東京:浅草)

浅草の蕎麦上人に行きました。東京蕎麦食べ歩記の第1店目は、浅草の蕎上人。
合羽橋にも行きたかったので、浅草あたりから食べ始めたいと思いこのお店からのスタートです。


ここのお店では、そば焼きみそ、出し巻き玉子、熱燗、同行していただいたO氏はかけそば、私は5色せいろをいただきました。


そば焼きみそは、お酒のお供に最適。こりゃー、お酒が進む!
甘味噌に味がつけてあり、深い味わいを感じます。また、焼かれていることで香ばしさが出てとても満足。



そば屋の出汁巻きは、ごはんのおかずというよりお酒のつまみ。美味しくいただきました。

出雲ではほぼ食べることのできないかけそば。出汁が効いていておいしい。江戸そばとかけ汁、相性良くとても美味しいです。



五色そば。けし入り、柚子入り、茶入り、田舎そば、丸抜きのそばでした。
田舎そばは、挽きぐるみのそばで出雲そばの感じでしたが、ふとー!
東京では田舎そばは太いと思い込まれています。実際に田舎蕎麦と江戸蕎麦と比べれば太いですが、太すぎるそば切りでした。
昔は出雲そばは、噛んでよく味が出るように太く切ってありましたが、最近は細い蕎麦を打つ店が増え始めています。
本来噛んで味が良く出るそばに、食べやすさ、のど越しを求めて細くしています。時代の変化かなぁ。田舎そばも変わってきたように思います。



コメント

このブログの人気の投稿

はやし(出雲市:平田町)

やぶ久

総本家更科堀井本店(東京:麻布十番)