総本家更科堀井本店(東京:麻布十番) 

やってきました江戸三大そばのひとつ更科へ!更科といっても調べると3店舗あるので(もっとあるかも)、総本家掲げている堀井本店に行きました。

建物はビルの1階で和風というよりレストラン風のおそば屋さんでした。
開店が11時30分に入店しました。私たちの後を追うように何組かのお客様が入って来られました。



出雲以外のお蕎麦屋さんへ行くときは、まずそば前を楽しみ、締めのそばを啜る。そういったことを決めてますので、まず出汁巻き玉子と熱燗を注文。なんか粋な気分がしたましたよ。
付きだしとして出された揚げそば
更科の出汁巻き玉子

締めのそばは、私は更科に来たので更科そばのせいろ、一緒に行ったOさんは、丸抜きのせいろ。
更科は、すごくきれいなそばですが、あまりインパクトが伝わってこない感じ。Oさんの丸抜きを少しいただきましたが、風味がありこちらの方がお好みでした。
ちなみに、そばの実は5層になっています。出雲そばは、そばの実を丸ごと挽きます。丸抜きは5層目、4層目を取り除いた(当たり前ですが機械で)ものを挽きます。更科は、4層目までを取り除いた芯の部分の実を挽きます。
よく、江戸そばの丸抜きをみて更科そばと言われる方がありますが、正式には、芯の部分を挽いたそばが更科そばです。

この更科は、そばにつながる力がほぼなく、麺にするのは技術を要します。純白ですので、何か混ぜると色が良く出ます。私は、この更科そばにお茶を入れたり、けしの実を入れたりして変わりそばを打ったこともありますよ。
丸抜きそば

更科そば (奥が丸抜きそば)

更科本店から見た六本木ヒルズ

コメント

このブログの人気の投稿

はやし(出雲市:平田町)

やぶ久